読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール岡崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール岡崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

TAYLOR GUITARS ROAD SHOWレポートVol.3

f:id:shima_c_okazaki:20170131182300j:plain
3月5日(日)に開催されたTAYLOR GUITARS ROAD SHOWの様子を岡崎店アコースティックギター担当小川がレポートします。
今回はTAYLOR GUITARS ROAD SHOWと同日行われた点検会の様子をレポートします。

Taylor点検会

TAYLOR GUITARS ROAD SHOW以外のお時間で7名の方にご参加いただきました。

f:id:shima_c_okazaki:20170310185853j:plain
まずは、お客様から状態の確認をし、調整をしていきます。
写真は、ネックを外しているところです。

f:id:shima_c_okazaki:20170310185803j:plain
写真は、ネックを外したところ。
ESピックアップなので指板の下にマグネットピックアップがあるのが確認できます。

f:id:shima_c_okazaki:20170310190406j:plain
シムの取り換え。
複数のシムを取り換えることでネックジョイントの角度を変えることが出来ます。

f:id:shima_c_okazaki:20170310190612j:plain
クリーニングをしてを張り替えて調整終了です。

今回の調整はネックの反りや高調整が多かったみたいです。
ギターは木を使って作られています。保管の仕方や状況によって木が動いてしまったり、最悪の場合、木が割れてしまう事があります。
常にベストコンディションで演奏するには、湿度を50%前後に保ち、こまめにを交換することです。

3回にわたりレポートさせていただきましたTAYLOR GUITARS ROAD SHOWいかがでしたでしょうか?
また機会があれば開催させて頂きたいと思います。

これからもテイラー島村楽器イオンモール岡崎店を宜しくお願いします。

TAYLOR GUITARS ROAD SHOWレポートVol.2

f:id:shima_c_okazaki:20170131182300j:plain
3月5日(日)に開催されたTAYLOR GUITARS ROAD SHOWの様子を岡崎店アコースティックギター担当小川がレポートします。

後半スタート

f:id:shima_c_okazaki:20170310132746j:plain
後半はテイラーの構造の解説からスタートです。
虎岩さんが持っているギターはネックを外したり、バックがくり抜いてピックアップなど分かりやすく解説出来る通称サイレントセールスマンです。

f:id:shima_c_okazaki:20170310133121j:plain
テイラーはトラディショナルなあり溝構造ではなく、3つのボルトで固定するネックを採用しています。
ネックを外しシムを入れ替えることでネックジョイントの角度を調整できるようにしています。

f:id:shima_c_okazaki:20170310133742j:plain
ボディトップ、ネック側の2枚のシムを90度になるように調整。
ネックのジョイントを変えることで新品と同じような弾き心地を再現。
例えば、ボディトップが浮いてきてもサドルを削るのではなくネックの角度を変えて高調整が可能なのです。

f:id:shima_c_okazaki:20170310134632j:plain
続いてピックアップシステムの解説です。
テイラーの現行モデルは全品番ES2(expression system2)が搭載されています。
通常のアンダーサドルのピエゾと違いサドルの横に3つのセンサーを付けています。

f:id:shima_c_okazaki:20170310135139j:plain
続いてテイラーギターの保管の話です。
テイラーギターはを緩めないのは有名な話です。
ギターはを張った状態がベストになるようにセッティングされています。を張ったり緩めたりすることでネックは動きます。
を緩めた状態で保管することでネックのねじれが生じる可能性があるそうです。
保管に必要なのが湿度計と湿度調整在です。
f:id:shima_c_okazaki:20170310141256j:plain
テイラーがお勧めする湿度調整剤がこのダダリオのPW-HPK-01です。
ケースの中に入れておくだけで湿度調整してくれます。

f:id:shima_c_okazaki:20170310181807j:plain
T5の紹介です。
アコギでもありエレキでもあるT5は、接続する機材を選ばないマルチなギターです。
アコギのサウンドはピックアップを選択してPAにつなぐだけ、エレキはシングルコイルのからハムバッカーの音まで幅広く音作りが可能です。
また、フットスイッチなどで切り替えることでギターを持ち替えずに演奏できます。
写真右がT5、左が小ぶりなボディやジャンボフレットを採用したT5Z。

f:id:shima_c_okazaki:20170310182626j:plain
最後にテイラーが行っている自然環境保護についてです。
虎岩さんが持っているのはエボニー(黒檀)です。
エボニーというと黒いイメージですが実はこんなにきれいな杢目が出ているんです。
これまでは黒くないエボニーは破棄されていたのですが、これからはこういった杢目の出ている指板のギターが造られます。
既に岡崎店にある814ceも杢目が出ています。
更に、テイラーは長くより良いギターを作れるようにエボニーの植林を行っています。

f:id:shima_c_okazaki:20170310183545j:plain
TAYLOR GUITARS ROAD SHOWのトリはテイラーを使用し、活動しているアーティストさんのゲストライブです。
今回は、名古屋と中心に活動されている藤森愛さんです。
2017年1月、米国NAMMショーにてTaylor Guitars Facebookネットライブ出演するなど活躍しています。

f:id:shima_c_okazaki:20170310184438j:plain
全員テイラーを手にして記念写真。
Eをかき鳴らして終了です。

Vol.3は点検会をレポートします。

TAYLOR GUITARS ROAD SHOWレポートVol.1

f:id:shima_c_okazaki:20170131182300j:plain
3月5日(日)に開催されたTAYLOR GUITARS ROAD SHOWの様子を岡崎店アコースティックギター担当小川がレポートします。

TAYLOR GUITARS ROAD SHOWとは

アメリカ・カナダ・ヨーロッパを中心に全世界で開催されているイベントで、日本でも2015年10月より毎月定期開催しています。
当日は、テイラーギターの人気の秘密を解説&テイラー使用アーティストによるデモ演奏を実施予定。
更に、当日は店頭に並んでいないレアなモデルも多数展示し、試奏して頂けるイベントです。

TAYLOR GUITARS ROAD SHOW開催

f:id:shima_c_okazaki:20170310114633j:plain
当日会場には20本以上のTaylorを展示。
フラッグシップモデルである800シリーズ全品番、各トーンウッドを比較していただけるようになっています。

f:id:shima_c_okazaki:20170310115635j:plain
会場はご予約いただいたお客様で超満員。
テイラーギター・プロダクト・スペシャリストの虎岩さんの自己紹介から始まりました。

f:id:shima_c_okazaki:20170310120009j:plain
最初にギターの音を構成する3つの要素をクイズ形式で質問。
①シェイプ
②木材
③プレーヤー
テイラーではこの3つの要素を重視して造られています。

f:id:shima_c_okazaki:20170310120959j:plain
まずはボディシェイプの違いから解説。
テイラーの型番は3ケタの数字で表されます。
例えば814ceES2の場合、8がシリーズなので800シリーズとなります。
1は、トップ材や6、12などを表しています。
最後の4はボディシェイプを表しており、4はテイラーの基本となるシェイプのグランド・オーディトリアム(GA)です。
写真右がGA(グランド・オーディトリアム)、左がGS(グランド・シンフォニー)です。比べると僅かに左のギターの方が大きいのが分かります。
f:id:shima_c_okazaki:20170310122042j:plain
虎岩さんが800シリーズを5本演奏。
同じ木材、同じプレーヤーでサウンドを確認。ボディシェイプの違いだけで聞き比べて頂きました。

f:id:shima_c_okazaki:20170310124940j:plain
次にトーンウッドの違いを演奏を交えて解説。
写真のギターは614ceES2。メイプルの杢目がきれいに出ています。
テイラーは300シリーズからオール単板になります。
300シリーズ・・・サペリ、ブラックウッド
400シリーズ・・・オバンコール、ローズウッド
500シリーズ・・・マホガニー
600シリーズ・・・メイプル
700/800シリーズ・・・ローズウッド
コアシリーズ・・・ハワイアンコア
トーンウッドによって音の特徴が変わり好みが分かれます。
好きなボディシェイプ、トーンウッドを選ぶことが出来るのもテイラーが人気の理由の一つです。

f:id:shima_c_okazaki:20170310130228j:plain
続いて12ギター。
テイラーが今一番力を入れているのがこの12ギターです。
写真は562ce12Fretです。
コーラスをかけたような広がりのあるサウンドになります。

f:id:shima_c_okazaki:20170310130716j:plain
休憩時間は試奏タイムです。
皆さん気になるギターや解説で聞いたことを自分の演奏で確認。

後半はVol.2でお伝えします。
後半はテイラーギター大解剖。

ビギナーズ倶楽部 3・4月スケジュール

f:id:shimamura-music:20150320122210j:plain
ビギナーズ倶楽部セミナーでは、ギター、ベースを始めた方にピッタリの様々な内容のセミナーを無料で実施しています。
全てのセミナーへのご参加や、気になるセミナーだけに参加するのもOK!皆さんのペースでぜひ参加してください!

岡崎店ビギナーズ倶楽部セミナー開催スケジュール

開催日 時間 開催内容
3月8日(水) 19:00〜20:00 アコースティックギター
3月15日(水) 19:00〜20:00 エレキギター、ベース編
4月5日(水) 19:00〜20:00 アコースティックギター
4月19日(水) 19:00〜20:00 エレキギター、ベース編

参加について

  • ※お電話、店頭にてご予約下さい。
  • ※参加費は無料です。
  • ビギナーズ倶楽部へのご入会がお済みでない方は、セミナー参加前にご入会頂きます。(無料)。
  • アコースティックギター/エレキベースビギナーの方もご参加いただけます。
  • ※各店により、実施スケジュールが異なります。
  • ※ご不明点は店舗スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

各セミナーの主な内容

『ギターに慣れよう!音出しの基本編』

f:id:shimamura-music:20150320122301j:plain
必ず覚えておきたい基本を、一緒に覚えましょう!

  • ギターの持ち方・構え方
  • ピックの持ち方
  • チューニングのコツを覚えよう
  • アンプの使い方を覚えよう
  • ドレミを覚えよう
  • パワーコードを弾いてみよう

『「F」を攻略!コード演奏基本マスター編』

f:id:shimamura-music:20150320122346j:plain
最初の難関、バレーコードのFを一緒に弾けるようになりましょう!

  • 基本コード(C/G)の押さえ方・押さえるコツを覚えよう
  • バレーコード(F)の押さえ方・簡単に音を出すコツを覚えよう
  • コードチェンジを練習しようQ

『バンドに役立つ!エフェクター基礎知識編』

f:id:shimamura-music:20150320122330j:plain
まだエフェクターを持っていない人も、エフェクターについて一緒に勉強しましょう!

ビギナーズ倶楽部セミナー イメージ動画

www.youtube.com

ビギナーズ倶楽部メルマガ会員募集中!

セミナー開催情報はもちろん、ギター、ベースを始めた皆さんへのオトクな特典が盛りだくさん!
ビギナーズ倶楽部メルマガは以下のページよりご登録下さい。

お問い合わせ

店舗 島村楽器 岡崎店
担当 小川・鈴木
電話番号 0564-59-1077
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.