読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール岡崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール岡崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

名古屋アコースティックギターフェスタ2012ブログvol.1

お知らせ・その他

こんにちは!

岡崎店でアコギを担当してます小川です。

中部地区最大級?のアコースティックギターフェスタが11月に名古屋パルコ店で開催されます。

それに先立ちましてお得な情報や役に立つまめ知識など毎週水曜日に配信いたします。

第一回目はアコギを語るのに外せない木材について

ボディ材はトップ、サイド、バックの3つに分かれてます。

トップ材が最も重要な材でギターの鳴りに影響します。

主な材はスプルースやシダーです。

スプルース

スプルース

スプルースはまさに木材といった木目。シダーに比べて硬い音。弾き込むことによって音が成長していきます。

主な産地アラスカ、カナダ~北米、ドイツなど。

サイド・バック材は音のキャラクター、トーンに影響します。

主な材はマホガニー、ローズウッド、メイプルなどです。

マホガニー

マホガニー

マホガニーは柔らかく、高音がよく出る材です。

主な産地アフリカ、中米など

ローズウッド

ローズウッド

ローズウッドは硬く密度が高いため立ち上がりが遅い。低音の響きが豊かです。

主な産地インド、マダガスカル中南米

メイプル

メイプル

メイプルも軽く柔らかい材で歯切れのよいサウンドです。

主な産地カナダ

採れる産地によって特徴が変わってくるので演奏スタイルや曲調によって弾き分けたりします。

アコギを好きな人がたくさん持っているのはこのためです。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.