島村楽器 イオンモール岡崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール岡崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

TaylorGuitarsRoadShow開催いたしました

11/12(火)TaylorGuitarsRoadShow開催いたしました。

中部地区初となるTaylorイベント

この日は平日にもかかわらず多くの方にご参加いただきました。

その様子を担当の小川がレポートいたします。

解説のアンディーさんと通訳のマサキさん

RoadShow1

アンディーさんはアメリカの方なのでもちろん英語。

通訳のマサキさんがいなかったらチンプンカンプンでした。

最初にギターの音を決める3つの要素について解説していただきました。

1つ目の要素は人。

弾く人によって弾き方、プレイスタイル、ピックの形状など様々です。

同じギターでも弾く人によって音が変わるのです。

今回はアンディーさんが弾くことで1つ目の要素を同じ条件で比べることが出来ます。

ボディシェイプについての解説

RoadShow2

2つ目の要素ボディシェイプ。

TaylorにはDN,GC,GA,GS,GOの5つのシェイプがありそれぞれを弾き比べ。

個人的にはGS(グランドシンフォニー)が好きです。

トーンウッドの解説

RoadShow3

3つ目の要素はトーンウッド。

Taylorはサペリ、マホガニー、オバンコール、ローズウッド、メイプル、コアなど様々な木材を使用しているので好みの音を見つけることが出来ます。

参加者の方にそれぞれ好きな音に挙手をしてもらいましたが、やはり人によって好みは分かれるようです。

個人的にはローズウッドが好きです。

ということは私の好みのギターは816ceになるようです。

実に選びやすい。

試奏タイム

RoadShow4

3つの要素が分かったらいよいよ試奏です。

スタジオ内には20本以上のTaylorを展示してあります。

好みのギターは見つかったでしょうか?

Taylorの特徴の解説

RoadShow6

アンディーさんが手にしているのはサイレントセールスマン。

バック面をくり貫きピックアップの構造が分かりやすいようにしてあります。

RoadShow5

Taylorの特徴の1つであるNTネックも実際にネックを外して解説できます。

T5デモンストレーション

RoadShow7

今話題で入手困難なT5のデモンストレーション。

エレキのアンプPAに繋いで色々なサウンドが出せます。

PAに繋いでアコギと同じサウンドで演奏したかと思えばエレキのアンプで歪ませたエレキサウンドでの演奏。

使い方によっては両方MIXすることもできます。

演奏の幅が広がります。

約2時間半という短い時間でしたが内容の濃いイベントになりました。

ご参加いただいた皆様、アンディーさん、マサキさん、山野楽器さんありがとうございました。

FIND YOUR FIT 11/17まで開催

11/9~11/17の期間中今回RoadShowで紹介したギターを全て展示販売。

800シリーズはフルラインナップ。担当小川のこだわりセレクトのギターもあります。

是非この機会にお試し下さい。

岡崎店ホームページ

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.